3/21 今週のピックアップ記事

2020/03/21

『壇蜜、夜の時間を見直す 「間接照明を」「寝室のドアは同居人のために…」』



【記事より引用】
「間接照明をつけたままの方が真っ暗な部屋よりよく眠れる」という説があることを明かしました。これについてはまだ研究途上なようですが、「信憑性は高いと評判です」とのこと。真っ暗にしてしまうと、脳が暗闇に過敏な反応を起こして余計に眠りが浅くなるそうで、気にならない程度の間接照明を付けっぱなしにして眠るのが良いと考えられているようです。


そもそも、なぜ明るい方が眠れるという説があるのか?

これは照明もない大昔は動物などに襲われるリスクがあったので、焚火や月明かりがあった方が落ち着いて眠れるという理屈。真っ暗では悪い夢を見ることが多くなるという研究もあるということです。

しかし逆に言えば、真っ暗に何も不安を感じない方少しでも明るいと気になる方はかえって睡眠の質を下げてしまうかもしれません。個人差があると思いますので、気になった方は数日試しているといいかもしれません。

ちなみに、
遮光カーテンアイマスクは有効か聞かれることがありますが。人間は光で朝を感じ、体内時計を調整します。遮光カーテンやアイマスクは光を遮断し、ホルモンの分泌を狂わせるので朝スッキリ起きられない、夜眠れないことが起こる可能性があります。個人的にはお勧めしません

一覧に戻る

PAGE
TOP